1. HOME
  2. 合成樹脂原料

合成樹脂原料

汎用樹脂

LDPE * ポリエチレン樹脂 密度0.910~0.925で軟質である。フィルム、ラミネート製品、ポリ袋等に使用されている。低密度ポリエチレンとも言う。
MDPE 密度0.926~0.940の中密度ポリエチレン。
HDPE * 密度0.941~0.955で硬質である。キャップ、食品容器等、インジェクション成形以外にシャンプー容器等ブロー成型にも使用される。高密度ポリエチレンとも言う。
LLDPE 直鎖状低密度ポリエチレン。高い機械的強度と低粘着性、フィルム高透明性を生かし種々包材に使用される他回転成型によるタンク等にも使用される。
PP * ポリプロピレン樹脂 汎用樹脂の中で、強度・剛性・耐熱性・耐薬品性等に優れ 日用品の他、車両等にも広く使用されている。
PS * ポリスチレン樹脂 GPPSは透明容器等に使用され、HIPSは電気製品ハウジングやシート成型による食品容器等に使用される。最近は透明HIPS使用多い。
AS(SAN) アクリロニトリル・スチレン樹脂。透明な樹脂。性能と価格面で、アクリル樹脂とPSの中間に位置し、電気電子分野等に用いられる。
ABS 成型性、耐衝撃強度、引張り強さ、剛性、耐熱性を持ち、メッキなど二次加工にも優れ弱電、車両用等広く使用される。
EVA ポリエチレンと酢酸ビニールを共重合させ、柔軟性に富みフィルムやラミネート製品に使用される。
PVC * ポリ塩化ビニル。機械的物性、耐薬品性、難燃性に優れ、硬質から軟質まで造れるためパイプ、車両部品等広い用途で利用されている。一般表記では『塩化ビニル』『塩ビ』と称する事が多い。

▲ページトップへ

高機能樹脂(エンジニアリングプラスチックス)

PMMA メタクリル樹脂。卓越した透明性、優れた耐候性を併せ持ち、車両ライト・ディスプレイ・テーブルウェアー・看板等に使用される。
PA * ナイロン樹脂。高機能樹脂の代表選手として車両・機械・電気・建材・食品包装フィルム等幅広い用途に使用されている。
POM * コポリマーとホモポリマーの2タイプがあり、機械強度に優れた特性と安定収縮率で、主にギア等 精密製品等に使用されている。
PC * ポリカーボネート。5大エンプラの中で透明性があり 耐熱性、高衝撃性に優れ、電気、自動車、医療、保安製品に使用されている。
PET 透明性、外観性、耐薬品性、保香性に優れ、ペットボトルや延伸フィルムとして使用されている。またガラス繊維強化の成型材料もある。
PBT ガラス繊維、難燃剤による補強効果が高く、耐薬品性、耐熱性が高いことから、電気、電子、自動車部品に幅広く使用される。
mPPE * PPEとPS(or PA)のアロイ原料。 優れた機械特性、耐熱性、易難燃化、電気特性を持ち POM、PA、PET・PBT、PCと並んで5大エンプラの一つになった。 OA機器シャーシー、自動車部品等に幅広く使用されている。
mPPO * PPOとPS(or PA)のアロイ原料。
PPS 耐熱性、耐薬品性、難燃性に優れた、高耐熱結晶性エンプラである。高い靭性を要求される電気・電子・自動車用途に使用される。
LCP 液昌ポリマー。高い流動性を持ち、耐熱と薄肉化を両立したミクロン誤差の精密成型電子部品などに使用される。
PAR ポリアリレート。他のエンプラに比べて、優れた耐熱性を有し、精密機器、自動車用途、医療機器等に採用されている。
PSF ポリスルホン。透明で薄い琥珀色をした高耐熱性、衛生性にも優れ、射出、押し出し、ブロー成形で高機能用途に広く使用されている。
PES ポリエーテルスルホン。透明で琥珀色をした非晶性熱可塑性樹脂であり、透明樹脂では最高水準の耐熱性を有する。
PI ポリイミド。スーパーエンプラのなかでも 最高の耐熱有するポリマーである。ギア、ベアリング、ガスケット等に使用される。
PAI ポリアミドイミド。卓越した耐熱性、電気絶縁性で 自動車、精密機器のワッシャー、ギアー、シールリング等に使用される。
PEI ポリエーテルイミド。ガラス転移温度217℃、荷重たわみ温度200℃と優れた耐熱性を持ちながら、加工性が比較的容易である。
PEEK ポリエーテルエーテルケトン。高耐熱性、高機械的強度、高摺動性、耐薬品性、電気的絶縁性など多岐にわたる特性を持ち、優れた成形性を持つ。
PTFE ポリテトラフロロエチレン。耐熱性、耐薬品性、電気特性、摺動性に優れ、化学産業、半導体、電子、自動車産業等幅広い用途に使用されている。
EVOH エチレンビニールアルコール。EVAを加水分解し、その卓越した高バリヤー性から、食品包装材など多層シート・フィルムとして使用される。
COC PMMAに匹敵する光学特性やPC以上の耐熱性、低吸水性、寸法安定性等を有するオレフィン系樹脂。光学分野、医療分野その他に使用。
COP
各種アロイ樹脂 異なる性質の樹脂の効果的な重合により、それぞれの特性の相乗効果を有する。
各種生分解性樹脂(PLA等) プラスチック製品を廃棄後、自然界に存在する微生物により、水や二酸化炭素に分解されるエコロジー樹脂。

▲ページトップへ

熱可塑性エラストマー TPE

TPO ポリオレフィン系エラストマー。
ハードセグメントにオレフィン系樹脂を用い、ゴム分(EPMやEPDM)をブレンドした軟質樹脂である。
TPS スチレン系エラストマー。
スチレン系樹脂をベースに、他の熱可塑性エラストマーより、特に軟質な樹脂を作ることができる。
TPEE ポリエステル系エラストマー。
他の熱可塑性エラストマーに比べて、耐熱性や耐油性に優れる。
TPU ポリウレタン系エラストマー。
他の熱可塑性エラストマーに比べて、特に機械的強度、耐摩耗性、耐寒性に優れる。
T-PVC ポリ塩化ビニル系エラストマー。
軟質PVCの有する特徴に、ゴム弾性と機械的強度が付与され、加硫ゴム代替材料として使用される。
   

▲ページトップへ

副資材

帯電防止剤 プラスチックが静電気により帯電するのを防ぐ。主に界面活性剤が用いられる。 顔料 水や油に溶けない有色の粉末で、着色剤として使用される。
発泡剤 発泡スチロールなど、製品中に泡を作るのに使用される。 離型材 製品を型からはずしやすくするために、型の内面に塗る薬剤。
洗浄剤 成形機内に残った樹脂や残留異物を排除したり、色換えのときに使用する。 防錆剤 金型の錆び防止に使用。液状タイプやスプレータイプがある。
酸化分解助剤 PPやPEに添加して分解性プラスチックに変化させる。
商品名:デグラノボン
パラフィンワックス ロウソクやクレヨンの主原料。マッチ製造・ゴム成形・紙加工・化粧品等にも使用する。

▲ページトップへ

(C) Copyright TOYO PLASTICS CO.,LTD. All rights reserved